読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEER FLIGHT LOG -ビアフライトログ-

信州松本発、あらゆるクラフトビールの魅力に迫る魂の旅の記録。

2016ダイジェスト① ベストビール編

コンバンハ。Yo-Heyです。


本日は唐突に昨年のベストビールを振り返りたいと思います!
本当は細々と、昨年飲んだビールの記事をアップしたいな、と思っておりました。
しかし気づいたのです。そんなチマチマと過去を振り返ってばかりで楽しいのか?
このブログは過去の栄光ではなく、来るべき未来を見据えたものでなくてはならないのではないのか?と!


というのは嘘で、昨年珍しいビールを飲むたびにiPhoneのメモ帳にチマチマと書き込んでいたマイメモリーが消えてしまったのです。
せっかく溜め込んだネタでしばらく記事には困らないと思っていたのに!
一度はモチベーションがガクッと下がりましたが、ビールを飲んで一晩寝たらどうでもよくなりました。

 

そんなわけでくだくだと無駄な文章は書かない。
男らしくズバッと独断と偏見により、2016年のベストビールを選定するッ!!

 

・生ビール部門
ここでは主にお店やイベントで飲んだ、樽生ビールから年間ベストを決めたいッ!

1.志賀高原ビール / Hervest Brew India Black Ale
志賀高原ビールの採れたて生ホップを贅沢に使用した、期間限定のHarvest Brewシリーズ。
その中でもウイスキー&ビアキャンプ@長和町で飲んだIBAに僕は衝撃を受けた。
千切ったばかりの草のような生々しい(しかも芳しい)圧倒的なホップの香り。
一口飲むとフレッシュな苦味とドライな辛みが突き抜けるが、ローストされたモルトの甘みが絶妙な後味を生み出す。生ホップってこんなに香ばしくて、こんなに旨いのか。「生ビール」の概念までもが塗り替えられてしまった、そんなエクスペリエンスをもたらしたビールだった。

 

2,BREW DOG / Hop Fiction
世界的なクラフトビール革命の旗手、ブリュードッグ。Punk IPAは本当に素晴らしいビールだけど、そのほかのビールをもっと知りたくて六本木のオフィシャルバーに行った時に飲んだ。
結果、一番美味しかったのがこのビールだった。一言で言うと、Punk IPA以上にパッションフルーツの爽やかな香りと苦味が吹き荒れる、最高にHop Headsなペールエールだった。
定番のPunk IPAより苦味にライトなキレがあって飲みやすく、Dead Pony Clubよりは甘くない。絶妙なバランスで最高だった。これホント大量に輸入してくれないかなあ、と今も思っている。

 

3.Y.MARKET BREWING / Hop BAZOOKA!!
名古屋のブルワリー、Y.MARKET BREWINGの直営バー、Yマーケットキッチンで飲んだ。
5種類の個性的なホップをふんだんに投入したセッションIPAらしい。
日本のビールながらブリュードッグを彷彿させる、グレープフルーツの果汁をそのまま絞ったかのような鮮烈な味わい。めっちゃくちゃおいしかった。
Yマーケットさんはラインナップを固定せず、毎回新しいビールに挑戦しているらしい。
こんな素晴らしいビールができたのにあっさりと生産終了させて次の新作を出してくる。パンクスのようでカッコイイ姿勢だと思う。
でも欲を言えばもう一度これが飲みたい...そう思ってしまうビールだった。

 

4.里武士 / 野沢サマーエール
サマーエールという名前にふさわしい、とても涼しげで爽やかでフルーティーなエール。
一息で飲み干してしまえそうなほどスッキリしていて飲みやすいのに、とても気品のある、ヨーロッパの山奥に吹く風のような後味が余韻を残す。
心の中にある懐かしい夏を具現化したようなビールだなあ、と思った。

 

5.O!LA!HO!ビール / Bosa Nova IPA
苦いんだけど、なんだか軽快で踊りだしたくなるような刺激的なホッピーさだった。夏に飲んだというのも大きいかもしれないけど、ゴクゴク飲める系IPAというか、楽しくなる感じ。
すんごく美味しかったので今年もまた飲みたい。

 

以上が、昨年いろんなところに出かけた際に飲んだ、まさに一期一会の生ビール部門。二度と会えないかもしれないという切なさと飢餓感も込みのセレクトとなった。

 

 

続いて、毎日飲みたいビール部門。買い込んで常に冷蔵庫にストックしていたようなビールを中心に。買いやすさと値段の手頃さで選んだ結果、当然というか長野県のビールばかりになった。

 

1.ヤッホーブルーイング/ 僕ビール君ビール よりみち

 

2.O!LA!HO!ビール / キャプテンクロウ XPA

 

3.穂高ビール / アルト

 


番外編・新ジャンル部門。毎日いろんなビールは飲みたいが、本当に飲んでいると家計が崩壊する。
そんな時の頼れる味方、第3のビールで間違いないラインナップを選出!

 

1.SAPPORO / クリスタルベルグ

 

2.SAPPORO / ホワイトベルグ

 

3.SAPPORO / 麦とホップ The Gold

 

どんだけサッポロ好きなんだよ!という偏ったランキング。しかし特にクリスタルベルグは衝撃的だった。ビール超えてるよ!とすら思い販売期間中ほぼ毎日飲んでいても飲み飽きなかったそんな第3のビール。
新ジャンルはどのメーカーもサッポロに一歩も二歩も遅れをとっている、と思う。
(まあ、それほど儲からないからかもしれないけど...)
ベルグシリーズのクオリティがいろんなメーカーで飲めれば、日本の家飲みは最高にハッピーになるはずだと思う。

 

そんなわけで、駆け足で昨年を振り返った章でした。
今年の振り返りはもっとしっかりやりたいと思います!!